日々想うこと。All I want is just...
<< June 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>

           

一定期間更新がないため広告を表示しています



- / -
話題になってるようで。
今出てる「週刊文春」に坂東眞砂子氏の友人・東野圭吾氏が特別寄稿してる。

感想ひとこと。
屁理屈みたいでがっかり。



Love&Peace! / comments(2)

砲丸投げの森千夏さんが虫垂癌で亡くなったというニュース。
26歳という若さに、思わず絶句した。

いったいなぜにこんなことに?

人を殺してみたいと思っただけで実際に殺しちゃうヤツらがいて、
人を悪意を持って騙したり傷つけて生きてるヤツらがいて、
人を暴力で痛めつけることで自己を満足させてるヤツらがいて。

そんなヤツらが生き続けられるのに、
どうしてこんなにも誠実に、一生懸命に、自分の人生を生きようとした命が断たれてしまうのか…。

やりきれない。
悔しい。

このやるせない気持ちがここのところずっと胸の奥で疼いている。

罪もない人々を、子どもたちを無差別に殺しているイスラエル。
アメリカはずっと即時停戦という声明を出すことに拒否権を行使している。
人の命の重さは、国籍というカテゴライズでこうも違うものなのか。

絶望と虚脱感。

虐待や殺人、自殺のニュースが毎日報道されている。
どうしてこんなにも命の尊さが軽視されてしまう世の中になってしまったのだろう。

森千夏さんの、
いわれもない理由で殺されていった人たちの、
ご冥福を心よりお祈りします。



Love&Peace! / comments(0)
私の大切な友人。
数日前、彼女の大事な人がバイクで事故に遭った。
会ったことはないけれど、話だけは前からよく聞いていたから、ちょっぴり知り合いみたいな感覚。

彼は集中治療室で意識は回復。
その後の経過はまだ知らないけれど、ご家族も、そして彼女も必死で彼の回復を祈っている。

今は誰も何もできない。
祈ることしかできない。

彼の生きようとする力と、彼を助けようとする医師と医療の力。
このふたつに望みを託して、私たちは祈るしかない。

頑張れ、

頑張れ。


彼がICUから1日も早く出てきて、彼女の手紙を読めますように。
1日でも早く、彼と彼女が笑ってお話できますように。

この祈りが、彼の周りの人たちの祈りが、少しでも届きますように。


Love&Peace! / comments(2)
子ども売春の防止に尽力するのは至極当然のこと。
調印しない理由がある?

日本人が海外で子ども・成人女性問わず売春してるのは有名。
前にエイズ検査を受けたとき、中年男性が海外の売春で感染して、発症してから検査を受けにくる例が増えていると聞いた。

それに日本は、管理売春目的の女性の人身売買がひどい国としても国際的な非難を浴びている。

この状況を深刻に受け止める人がどれだけいるんだろう。
酔っていたとはいえ、政治家が路上で通りがかりの女性に抱きついて胸をわしづかみにしてたりするくらいだから、なんだか先は暗いかも。

でも、効果の大小はともかく、この調印はいいニュース。日本人男性の自覚に期待しましょう…。


Love&Peace! / comments(0)
スマトラ島沖地震の犠牲者が22万6千人を超えたという報道があった。
アチェでは、人口の9割が亡くなった地区もあるという…

絶句…。

失われてしまった、数え切れないほどの夢や希望や幸せを思うとやりきれない。

やりきれない理由で失われる命は、この世にはたくさんある。

生きられている私は、毎日を精いっぱい生きていく。
そのことに全力を尽くしていたら、故意に人を傷つけたり、だましたり、もて遊んだりしてる暇なんてない。



Love&Peace! / comments(0)
スマトラ島沖の地震による津波の死者が5万人を超え、最悪6万人にも達するかもしれないらしい。

今朝のテレビでは、浜辺に打ち上げられた無数の遺体が映し出されていた(モザイクかかっていたけれど)。

時速700kmというスピードで襲いかかる猛威。一瞬にしてたくさんの命が飲み込まれてしまった。

そして今日、東京では大雪。
人間には太刀打ちできない自然の力を思い知る。

一方でこんなことも考える。
アフリカでさらに多くの人が犠牲になっているエイズの被害は、ほとんどニュースにならない。最悪な事態が、今も、これからも広がり続けるというのに。


世界で起こっている過酷な事実を考えれば、私の悩みなどちっぽけな話。
とはいっても、一人の人間として生きていくには大きな問題になるわけだけど。あまり弱音を吐くのはよそう。


Love&Peace! / comments(0)
昨日、黒田さんと近藤さんのライブペインティングを観に行った後、ちょうど青山劇場に渡辺真知子のコンサートを聴きに来ていた両親と合流。渋谷のOJORIで牡蠣鍋を食べた。
両親と外食したのはかなり久しぶりで、ちょっと嬉しかった。

最近、親といる時間がホントに大事に思える。一人暮らしが長いせいもあるが、大病を患ってすっかりやせてしまった父の姿が余計にそう思わせる。
かといって、実家にはあまり寄り付かない親不孝者の娘なのだけど…。



read more...
Love&Peace! / comments(1)
詳しいニュースを見ていないから、よく意味がわからないのだけれど…。

政府は武器輸出3原則を緩和という方針を打ち出したらしいが、これってどういうこと?
武器輸出をしやすくするという意味なわけ??

一方では具体的な方針は明記していないという報道も。


read more...
Love&Peace! / comments(0)
「無実の民を殺害する者、イラク国民や連合諸国を恐怖に陥れようとする者、民主主義の阻止を図る者たちを裁きにかける」といってファルージャ制圧作戦を表現したブッシュ

殺害された無実の民は、米軍に殺された数のほうが多いと思うんだけど…。

誤爆なんて、人の死の前に言い訳にもならない。正義の前の少数の犠牲なんて一方的な論理でしかない。

多種多様な考えを持ち、多種多様な信仰を持ち、多種多様な文化を享受することを許さない。
そんな横暴が許される世界になってしまった…。



Love&Peace! / comments(0)
アメリカがファルージャ総攻撃を開始。今回は地上戦だそうだ。
駐留多国籍軍のケイシー司令官は「人口20万人超のうち5割から7割が避難済み」と推定してるらしいが、つまり10万人近くが市内に残っているということ??
別のニュースでは、女性と子どもは脱出できても、今は15歳以上60歳の男性は市外へ出ることも市内に入ることもできないとか。
では、市内に残ってしまった一般市民の男性をテロリストかどうかを判断する基準はどうなるのだろう。

掃討作戦に参加した兵士たちは「殺せ、殺せ、テロリストを殺せ」という心理状態に置かれているはずだ。そうでないと人を殺せない。殺さなければ、自分が殺される、そういう恐怖感に襲われないわけがない。誰がそれを責められる?

そんな状況下で、テロリストと関係のないイラク男性たちが殺される可能性が高いのは目に見えている。
総攻撃の状況下になくてもそうなのだから。


read more...
Love&Peace! / comments(0)
1/3PAGES >>
Search this site